JUGEMテーマ:映画

 

先日、横浜にある日本最小のフィルム映画館として話題の

“横浜シネマノヴェチェント”へ、
お友達の大倉加津子ちゃんが脚本を書いた映画『××× KISS KISS KISS 』
最終上映を観に行ってきました♡

 

この映画は、脚本家ユニット『チュープロ』の5人の脚本家さん達が、
それぞれKISSをテーマに書いたシナリオを映像化した、オムニバス作品です。

 

加津子ちゃんとは専門学校からのお友達なのですが、
この5つの“KISS”の物語の中の、『初恋』というお話の脚本を書いています。
発想だったりセリフがとても個性的で、今回映画を見て、また改めて、
こんな脚本が書けるなんて凄いな〜!と、つくづく感心してしまいました!
 
私は、この映画を観るのは今回で2回目だったのですが、
1年8ヶ月間というとても長い間、様々な場所で上映され、沢山の方に愛され続けた作品は、
味わい深く、何度観ても本当に素晴らしかったです!

 

映画館の入り口でパチリ♪

映画『××× KISS KISS KISS 』のポスター♪

矢崎仁司監督

『×××』のポーズをする皆さん♪ 左から、

監督矢崎仁司さん・俳優草野康太さん・脚本家武田知愛さん・脚本家大倉加津子ちゃん

お友達でイラストレーターの平松昭子ちゃんと私も、観客席からハイポーズ♪

懐かしい映画のポスターが並ぶ、レトロな雰囲気に包まれた館内♪

加津子ちゃん・私・昭子ちゃんで、ハイチーズ♪

久しぶりの再会で、おしゃべりが止まりませんでした(笑)!

 

上映後に監督さんやスタッフの皆さんとも交流させていただいたのですが、
皆さん、初めてお会いしたのにも関わらず、本当に温かくて優しい方ばかりで、
だからこそ、あんな素敵な映画ができるのだな…と、しみじみ感じました。

 

皆さんの映画に対する情熱から、沢山のパワーをいただいて、

本当に素敵な思い出ができました♪
 
また現在『××× KISS KISS KISS』第二弾も始動しているとの事で、
皆さんの事を応援すると共に、上映を今からとても楽しみにしています♪

1