JUGEMテーマ:美術館に行ってきました

 

先日、長野県にある『安曇野ちひろ美術館』へ行ってきました♪

 

こちらは東京にある『ちひろ美術館』の20周年を記念して、1997年に建てられた美術館で、
今年で開館してからちょうど20年が経つそうです。

 

画家のいわさきちひろさんの絵は、絵本だったりカレンダーだったりと、
小さい頃から目にする事が多く、
柔らかくて優しいタッチと、どこか寂しげな表情が印象的でした。

 

なかでも黒柳徹子さんの著書『窓ぎわのトットちゃん』表紙の絵は印象深く、
実は、ちひろさんが亡くなった後に徹子さんの希望で使われたという事を知って、

とても驚きました。

 

美術館周辺の『安曇野ちひろ公園』の一角

『安曇野ちひろ美術館』の入口

ちひろさんの絵と私(笑)(撮影スポットにて)

『トットちゃん広場』の風景

モハとデハニ(トットちゃんが学んでいた頃と同じ年代の電車)と旦那さん(笑)

『窓ぎわのトットちゃん』

モハ『電車の図書室』…モハ604(車両番号)

デハニ『電車の教室』…デハニ201(車両番号)

 

今回初めて訪れたのですが、安曇野の美しい自然の中にあるこの美術館は、
いわさきちひろさんの作品を中心に、世界中の絵本作家さん達の作品も展示されていたり、
館長でもある黒柳徹子さんの『窓際のトットちゃん』の世界も再現されていて、
穏やかで優しい空気に包まれた、本当に素晴らしい場所でした♪

 

そして、今回こちらを訪れて初めて知ったのですが、
ちひろさんは55歳という若さで亡くなられ、その人生は波乱に満ちていたという事でした。


詳しくはコチラをご覧いただきたいのですが、
生涯を通じて命の象徴として子供を描き続け、
激しい人生を生きたからこそ、優しい世界を描き続けたという事を知り、
心の底から感動しました。

 

また是非機会を作って、この美術館に行きたいと思います。

 

関連する記事
コメント
ちひろ美術館、いいですね♪自然がいっぱい!!

何年か前に東京の「ちひろ美術館」に行ったことを思い出しました。
いわさきちひろさんは、初めて意識した絵の作者です。小学校低学年のころの話です^^

いわさきさんの絵のポストカードは、
な、な、なんと私の部屋にあるやっちゃんのカレンダーの隣に飾ってあるんですよ!!

偶然のコラボです^^



今回は会えなくて本当に残念でした。
改めて、連絡させていただきます。



  • by かーみん
  • 2017/06/09 4:16 PM
東京の『ちひろ美術館』行ったんだね!いいな〜♪
私もいつか行ってみたいです♪

かーみのお部屋で、ちひろさんと私のまさかのコラボ(笑)!
何だか恐れ多い感じですが、嬉しいですよ(*^_^*)。

かーみも色々大変なのに、メッセージありがとうね(;_;)。
また時間ができた時に会おうね!
くれぐれも体調に気をつけて過ごしてね。

  • by YASUKO
  • 2017/06/09 10:03 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL